屋形船の楽しみ方の一つに花火を船上から見るというのがあります。花火大会を屋形船から見ると、地上から見る場合とどのように違うのでしょうか?そのメリットを中心に、屋形船で花火大会を見ることについて考えてみましょう。

夏の風物詩の一つに花火があります。毎年全国各地で花火大会が開催されます。浴衣を着て夜店を楽しみ、ドカンという音に興奮しきれいな花火を見上げます。

その花火大会を屋形船から見るというのが最近の贅沢の一つになっています。地上からではたくさんの人に押され、ゆったりと花火を見ることはできません。

しかし屋形船の上からだと、ビルなどの建物からも離れているので打ちあがる花火は見やすいです。客室からだと見える範囲も制限されますが、屋上のデッキに出ると360°夜空が見通せ、花火も見やすくなります。まるで自分一人のために打ち上げられたかのような錯覚に陥るほどです。

シーズンになると花火屋形船という、花火大会に特化した屋形船が出ています。

花火大会の前後には、美味しい季節の料理に飲み放題が付いたプランが用意されています。

一度花火屋形船を体験された方はリピーターになること間違いなしです。

屋形船の窓口